折畳みテーブル

お問い合わせいただきありがとうございます。大きさ場所に応じて可能な範囲はありますが畳を縦半分くらいは可能です。折畳金物の取付位置や耐荷重はもちろん確認します。壁側の工事が必要になります。以前も投稿しましたが下地合板なんです。下地がないと不可能です。軽量材LGSといわれる角スタッドに直打ちしてもダメです。下地どこ太という針系のもので探してみてください。柱が見つかるとピッチは303、455くらいで次の柱がいます。板の種類は集成材です。オイルステインやクリアーを塗って木目を楽しめる簡単な方法です。