どうしても手摺が欲しい時

手摺の支持する場所に壁の下地がない時写真のようにベース板を使用してください。ベース板は壁の半割柱がいる所にビスで決めてください。ベース板は樹種的に硬いのが多いので下穴をあけておくとスムーズです。インパクトドライバーがない時はオーソドックスに手回しですがドリルドライバーで絞めて最後に手締めできつく回らないところまで締め付けてください。